流量計や專門機械を用いた特殊処理の方法〜知って得する知識〜

男性作業員

残土処理の方法

残土処理

残土処理機とはその名の通り残土を処理することが出来る専用の機械です。様々なタイプが有りますが、一般的にはふるい機構の種類とサイズで分類されています。業務用タイプは自動ふるい機構が備わっているタイプが多いです。

詳しくはこちら

超音波式流量計

流量計

水の流れを計測するために用いられる物に流量計があります。流量計を用いることでリアルタイムに水の流れを知ることが可能です。流量計の歴史は古く、古くは羽根車などの回転を用いて水の流れを確認していました。風車をイメージするとわかりやすいですが、風車も風が強ければ強いほど回転数が早くなります。羽根車式の流量計も水の流れが早くなればなるほど回転数が高くなり、この回転数を計測することで間接的に水の流れを知ることが出来ます。そんな水の流れを知るためには無くてはならない流量計ですが、流量計は常に進化を続けていて、近年では超音波を用いたタイプなどが登場しています。
超音波を用いた流量計の魅力は何と言っても水の流れを妨げる事無く純粋な速度を知ることが出来るという点です。というのも羽根車式は物理的に水の流れを止めてしまうため、どうしても純粋な速度を計測することが出来ないという弱点がありました。しかし超音波を用いる方法であれば音波で以って速度を計測することが出来るため速度を下げることがありません。具体的な測定方法は、超音波を照射したパイプなどに流れる水によって音波の伝わる速度が変わることで計測します。音波を照射する装置と音波を受信するセンサーが対になっていて、理論的には離れていても計測を行うことが可能です。超音波式の流量計の魅力はなんといっても効率的に計測ができるという点と、メンテナンスが簡単という点です。羽根車式の場合はメンテナンスに関しても定期的に行わないといけませんでしたが、超音波式の場合は故障したとしても取り替えるのが非常に簡単で、代替装置の用意自体も容易です。更に劣化がしにくいという特徴があり、長持ちする傾向が高いです。

流量計などの專門の計測器はどこでも用いられているわけではなく、專門の業者などで使用されていますが、同様に一般的には用いることのない物には用いることのない物に残土処理機などもあります。残土処理機とは土を処理するために用いる機械で、不要になった土の処分を効率化させることが可能です。土の処分の方法は具体的には焼却処分してしまうか、埋め立ててしまうかのいずれかになりますが、適切に分類することでリサイクルなどをすることも可能です。例えばサイズの違う土に分類を行なうことで、適材適所で必要な場所に利用できます。建築現場や埋立地などでは沢山の土が必要になりますが、そこでは砂利状の土だけが欲しいという状況も発生します。残土処理機はこういった需要に答えるためにも用いられていて、土のリサイクルを行なうために非常に重要なものです。

バリエーション豊富

クレーン

クレーンフックとはクレーンの先に付いているフック状のもので、このフックは取り外しが可能になっています。様々なバリエーションが存在していて、例えばバキュームフックやスプレッダなどの特別な場所で用いるための種類もあります。

詳しくはこちら

目に見えない物を視覚化

スペクトラム

spectrumanalyzerは目に見えない電気や電磁場と言ったものを観測するために用いられるもので、様々な研究に用いられています。携帯基地局などの調整や設置場所の提案などでも多く用いられています。

詳しくはこちら