流量計や專門機械を用いた特殊処理の方法〜知って得する知識〜

業者

残土処理の方法

残土処理

不要になった土などを再利用可能にするために用いる機械として残土処理機があります。残土処理機とはその名の通り残土を処理するための機械で、細かく分類することで処理を簡略化させる事ができます。一般的にはふるい機構を用いて様々なサイズの土を一定のサイズに分類していきます。この分類にも幾つか方法があり、家庭用で用いられるタイプだと手動式、業務用で用いるものに関しては自動でふるい機構が稼働して分類していきます。残土処理機を購入しようと考えている場合、まず残土処理機の種類について知識を身につける必要があります。
残土処理はふるい機構の種類によって分類されていきますが、この内業務用でも用いる自動型を購入しようと考えている場合は、その規模について選択が必要です。業務用の残土処理機は主に農業などで用いる小型タイプと、大型工場やプラントなどで用いる大型タイプに分かれています。小型タイプは業務用といえども購入することが可能で、自走式などのタイプもあります。処理を行なう現場に直接持っていくことが可能で、その場で処理をすることが出来ます。そのため工事現場や建設現場、更に掘削現場などで掘り起こした不要な土を即座に処理することが出来ます。一方大型の残土処理機は基本設置型になり、据え置きタイプになります。サイズも人と比べても非常に大きなものになり、設置自体も簡単にできるものではありません。またプラントレベルになると設置ではなく施設として稼働するものもあり、大量の土を効率的に早いスピードで処理することが出来ます。どちらも残土処理をすることが可能ですが規模が大きく異なることになるため、必要に応じて選択が求められます。企業などで据え置きタイプが1つ所有したいという場合は大型タイプでも良いでしょう。ただ利便性に優れた小型タイプを複数所有したほうが効率的という場合もあるため、利用用途をしっかり考えるようにしておくと良いでしょう。